startalks

Android/iOSモバイルアプリ開発、AIのことを綴る

【決済】スキーマのまとめ

・決済(Payment)

 ・現金決済

 ・電子決済

  ・カード

   ・クレジット

   ・デビット

   ・プリペイド

   ・電子マネー

   ・交通系IC

   ・nanaco

   ・WAON

   ・Edy

   ・iD

   ・QuicPay

   ・FinTech

 

   ・PayPal

   ・QRコード

    ・AnyPay

    ・ORIGAMI

    ・Coiney

    ・AirREGI

    ・LINE Pay

    ・PayPay

 

   ・バーチャルカード

    ・バンドル

    ・Kyash

   ・チャイニーズ系

    ・WeChatPay

    ・AliPay

   ・欧米系

    ・Apple Pay

    ・Android Pay

【Django】環境設定からHello World!

・環境設定

 ・Cloud9を利用する。

 ・事前準備として、Pythonのバージョンを2⇒3に設定する。

  Cloud9 > Preferences > Python Version:

   Python2⇒Python3

  PythonPATH:

   /usr/local/lib/python2.7/site-packages:/usr/local/lib/python3.6/site-packages

 ・リンクを貼りなおす

  ls -l /usr/bin/python*

  ls -l /etc/alternatives/python*

  sudo rm /etc/alternatives/python

  sudo ln -s /usr/bin/python3.6 /etc/alternatives/python

  unalias python

  ls -l /usr/bin/pip*

  ls -l /etc/alternatives/pip

  sudo rm /etc/alternatives/pip

  sudo ln -s /usr/bin/pip-3.6 /etc/alternatives/pip

  python -m django --version

 ・プロジェクト作成

  django-admin startproject django_tutorial

  ※django-tutorialはダメだった...

 ・Settings.py設定

  ALLOWED_HOSTS = ['2173226590024db0bfa10eda0c53bddc.vfs.cloud9.us-east-2.amazonaws.com']

 

・起動

 python manage.py runserver $IP:$PORT

 

f:id:startalks:20181230231515p:plain

 

【Angular】環境設定からHello World!

・環境設定

 ・Nodeをバージョンアップする。(8.9以上じゃないとダメ)

  nvm install v11

 ・Angular cliをインストール

  npm install -g @angular/cli

 ・Angularプロジェクト作成

  ng new angular-tutorial

  ※angular_tutorialはNG

 ・起動

  cd angular-tutorial

  ng serve --host 0.0.0.0 --port 8080 --disableHostCheck

 

f:id:startalks:20181230185742p:plain

 

【React.js】環境設定からHello World!

・環境設定

 Cloud9にて開発環境を作成する。

 ・nvmバージョンアップ(8以上じゃないとダメ)

  nvm install 8

 ・フォルダを作成する。

  mkdir react_js_tutorial

 ・react

  npm i -g create-react-app

 

  create-react-app react_js_tutorial

  cd react_js_tutorial

  npm start

 

プレビュー

f:id:startalks:20181230174437p:plain

 

【Vue.js】環境設定からHello World!まで

・環境設定

 Cloud9でVue.js環境を作る

 ・フォルダを作成

  mkdir vue_js_tutorial

 ・vue-cliをインストール

  npm install -g vue-cli

 ・初期設定

  cd vue_js_tutorial

  vue init webpack

// Nodeがインストールされていない場合にインストールする。

// ・Node.jsをインストール

//  npm install

 ・設定

  build/webpack.dev.conf.js

devServer: {
  clientLogLevel: 'warning',
  historyApiFallback: true,
  hot: true,
  compress: true,
- host: process.env.HOST || config.dev.host,
- port: process.env.PORT || config.dev.port,
+ host: '0.0.0.0',
+ port: '8080',
+ disableHostCheck: true,
    ・
    ・
    ・
}

 ・起動

  npm run dev

 

プレビューするとこんな感じに表示される。

f:id:startalks:20181230165157p:plain

 

【Ruby on Rails】環境設定からHello World!まで

・環境設定

 AWS Cloud9を使う。

 ・AWSアカウントを作成する。すでに持っている場合はスキップでOK。

  AWS Console - Signup

 ・環境を新規作成する

  AWS Cloud9 Amazon Web Services

f:id:startalks:20181230135826p:plain

 ・プロジェクト環境名を任意名称で入力する。

f:id:startalks:20181230135907p:plain

 ・Railsをインストールする。

$ printf "install: --no-rdoc --no-ri\nupdate:  --no-rdoc --no-ri\n" >> ~/.gemrc
$ gem install rails -v 5.1.6

 ・ディレクトリ作成
$ cd                  # 进入家目录
$ mkdir environment   # 新建 environment 目录
$ cd environment/     # 进入 environment 目录
 
 ・アプリ作成

$ rails _5.1.6_ new hello_app

 

 ・Bundler

$ cd hello_app/
$ bundle install

 

 ・Server起動

$ cd ~/environment/hello_app/
$ rails server

 

 ・プレビュー

share workspace aws

full browser window aws

riding rails 4th edition

ここまで環境設定が完了する。

 

Hello World!

▼app/controllers/application_controller.rb

class ApplicationController < ActionController::Base
  protect_from_forgery with: :exception

  def hello
    render html: "hello, world!"
  end
end

▼config/routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  root 'application#hello'
end

 

保存してもう一回プレビューすると、Hello World!が表示される。

f:id:startalks:20181230142101p:plain

 

補足)Herokuを使ってデプロイする。

・Heroku登録

クラウド・アプリケーション・プラットフォーム | Heroku

・Heroku CLIをインストール

source <(curl -sL https://cdn.learnenough.com/heroku_install)

・インストール確認

heroku --version

・ログイン

heroku login

・herokuでアプリを作成する

heroku create

・push

git push heroku master

ここまでherokuへのデプロイが完了する。

・リネーム

heroku rename newName

http://newName.herokuapp.com/

 

 

【Laravel】環境設定からHello World!まで

・XAMPPインストール

https://www.apachefriends.org/jp/download.html

 

 ・Composerインストール

Introduction - Composer

インストール後に以下コマンドで確認する。

composer -V

f:id:startalks:20181230125508p:plain

 

・Laravelプロジェクト作成

composer create-project ベンダー/パッケージ 対象ディレクト

例)

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel firstlaravel

補足)

以下は配下にてコマンドを実行しないと動かない。

C:\xampp\htdocs

f:id:startalks:20181230130034p:plain

f:id:startalks:20181230130107p:plain

Appacheサーバを起動

f:id:startalks:20181230130900p:plain

以下URLをアクセスして動作確認する。

http://localhost/firstlaravel/public/

f:id:startalks:20181230130817p:plain

ここまでは環境構築完了。

 

Hello World!

web.phpにHello, World!へのコードを追加

f:id:startalks:20181230131314p:plain

以下URLをアクセスして動作確認する。

http://localhost/firstlaravel/public/hello

f:id:startalks:20181230131443p:plain